ゴッホやモネが!松方コレクション展

0

    絵画ファンの皆さま、こんにちは!

     

    今日は美術展のご紹介です。

    来月6月から開催される美術展【松方コレクション展です。

     

    国立西洋美術館の開館60周年を記念して開催される美術展で、

    モネゴッホなどの画家の作品が展示されます。

     

    まずは概要からご紹介します。

     

    松方コレクション

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    国立西洋美術館開館60周年記念

    松方コレクション展

     

    会期:2019年6月11日-2019年9月23日

    会場:国立西洋美術館 https://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

    公式サイト:https://artexhibition.jp/matsukata2019/

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

    そもそも「松方コレクション」って何!?と思われる方もいらっしゃると思います。

    実業家であり美術コレクターであった松方幸次郎(1866-1950年)によって

    コレクションされた作品を「松方コレクション」と言います。

     

    松方幸次郎が収集していた美術品は残念ながらその多くが散逸したり焼失してはいるものの

    浮世絵約8000点、西洋美術約3000点もコレクションしていたそうです。

     

    ーーーーーーーーーーー

    松方幸次郎は1916年からフランスへ出向き絵画収集をしました。

    1921年には2度目の絵画収集の旅に出かけ、そこでも美術品のコレクションを増やしました。

    なんと印象派の画家クロード・モネにも直接交渉してモネの作品を買ったそうです!

    これらのコレクションは日本に持ち帰らず海外で保管されていたそうです。

     

    そうこうしているうちに第二次世界大戦が始まりました。

    松方コレクションはフランス政府に一時押収されてしまいます。

     

    月日は経ち1959年にこれらのコレクションの一部がフランス政府より返還され、

    それらを基に国立西洋美術館が設立されたのです。

     

    今回展示される美術品はそのときに返還された松方コレクションです。

    また、全ての作品が返還されたわけではなく、一部は海外にまだ残っています。

    日本の他の美術館に所蔵されている作品もあります。

    それらの作品も今回あわせて展示されます。

    ーーーーーーーーーー

     

    さてさて、それでは今回の美術展で展示される作品をご紹介していきたいと思います!

     

     

    睡蓮

    モネ睡蓮
    制作年:1916年
    所蔵:国立西洋美術館
    原画サイズ:200.5x201cm

    1840年フランス生まれの印象派の画家クロード・モネ

    モネが晩年期に手がけた最も有名な作品が『睡蓮』。

    モネの自宅兼アトリエに造園した庭園の池に浮かぶ睡蓮を連作的に描いた作品。

     

     

     

    あひるの子

    ミレイあひるの子
    制作年:1889年
    所蔵:国立西洋美術館
    原画サイズ:121.7 x 76cm

    1829年、イギリス生まれのジョン・エヴァレット・ミレイ
    本作は特定の少女の肖像画として描かれたものではなく、

    画面の手前に見えるあひるの子と少女が重ね合わされた

    寓意的風俗画と解釈されています。

     

     

     

    ゴッホの寝室

    ゴッホゴッホの部屋】(アルルの寝室)
    制作年:1889年 
    所蔵:オルセー美術館
    原画サイズ:57.5×74cm

    1853年オランダ生まれのフィンセント・ファン・ゴッホ

    都会のパリに疲れたゴッホは太陽と安らぎを求め、1888年に

    南フランスのアルルという田舎町へ移住しました。

    この作品は、この作品はゴーギャンと共同生活するためにアルルにかまえた黄色い自宅の様子を描いたもの。
    ゴッホが寝室を描いた作品は3作品認められています。

    本作はオルセー美術館所蔵作品です。

     

     

     

     

     

    舟遊び

    モネ舟遊び
    原画サイズ:145.5×133.5cm
    制作年:1887年
    所蔵:国立西洋美術館

    1840年フランス生まれの印象派の画家クロード・モネ

    この作品はエプト川で舟遊びをしている様子を描いた作品です。
    1883年にモネはジヴェルニーへ移住しました。
    ここはモネの新しい妻アリスとの生活の場。
    作品の構図は日本の浮世絵からヒントを得て描いたと言われています。
     

     

    扇のある静物

    ゴーギャン扇のある静物
    制作年:1889年
    所蔵:オルセー美術館

    1848年フランス生まれの後期印象派であるポール・ゴーギャン
    本作はゴーギャンが描いた静物画ですが、浮世絵の影響を受け画中に扇が描かれています。
     

     


    積みわら

    モネ積みわら
    制作年:1885年 

    原画サイズ:81×65cm
    所蔵:大原美術館

    モネは1888年頃からこの「積みわら」を30点以上もの連作で描き続けています。


     

     

    アルジェ風のパリの女たち

    ルノワールアルジェリア風のパリの女たちハーレム)】
    制作年:1872年
    所蔵:国立西洋美術館

    19世紀の印象派の代表画家として有名なルノワール
    この作品はドラクロワアルジェの女たち】からヒントを得て描かれた作品。
    アラブ風の装飾が施された服を着た女性たちが描かれています。

     

     

     

     

    帽子の女

    ルノワール帽子の女
    制作年:1891年

    原画サイズ:56x46.5cm

    所蔵:国立西洋美術館

     

    19世紀の印象派の代表画家として有名なルノワール
    この作品はルノワールが描く肖像画で、描かれている女性が着ている
    透き通るような服が特徴の作品です。

     

     

     

    いかがでしたでしょうか?

     

    今回の松方コレクション展で展示される作品の一部をご紹介しましたが、

    本当に豪華!ですよね。

    こんなに名作ばかりが一度に見られるなんて貴重な美術展です。

     

    来月6月11日からの開催になりますので、もう少しだけお待ちくださいね〜

     

     

    ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

     

    あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

    アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp

    楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717

    Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717

    Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

     

    ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

     

    JUGEMテーマ:絵画


    クリムトが恋人エミリーを描いた作品

    0

      絵画ファンの皆さま、こんにちは!

       

      今日のテーマは「クリムトが恋人エミリーを描いた作品」です。

       

      煌びやかな黄金を作品に用いて描いたことで有名なだグスタフ・クリムト

      クリムトは1862年オーストリアのウィーン郊外出身の象徴主義の画家です。

       

      クリムトは生涯独身で55歳に亡くなりましたが、

      ずっと交際していた女性がいました。

       

      その名は「エミーリエ・フレーゲ」。

      ”エミーリエ”ではなく”エミリー”と呼ばれることもあります。

      聞いたことあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

      作品中によく登場する女性です。

       

      エミーリエ・フレーゲの肖像

      クリムトエミーリエ・フレーゲの肖像】 
      制作年:1902年 
      所蔵:ウィーン・ミュージアム
      原画サイズ:178×80cm


      この作品はエミーリエ・フレーゲを描いた作品です。

      1890年初頭にクリムトと出会い、生涯をともにしました。

       

      ※ちなみに本作【エミーリエ・フレーゲの肖像】 は、現在開催中の

      【ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道】 という美術展で公開されています!

      ぜひ実際に本作を観に行かれてはいかがでしょうか。


      ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道
      ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道】 
      公式サイト https://artexhibition.jp/wienmodern2019/  

       

      【東京会場】
      会場:国立新美術館  http://www.nact.jp 
      会期:2019年4月24日-2019年8月5日

      【大阪会場】
      会場:国立国際美術館 http://www.nmao.go.jp 
      会期:2019年8月27日-2019年12月8日

      日本とオーストリア外交樹立150周年を記念して開催される美術展。
      画家グスタフ・クリムトやエゴン・シーレなどの作品が展示されます。

      -----------------------------------------------------

       

      さて、話は戻りまして再びクリムトが恋人エミーリエ・フレーゲを描いた作品をご紹介していきます。

       

       

      接吻

      クリムト接吻
      制作年:1907-1908年
      原画サイズ:180×180cm
      所蔵:オーストリアギャラリー

       

      この作品はクリムトとエミーリエが抱き合っている様子が描かれているとされています。

       

       

       

       

      抱擁

      クリムト抱擁

      制作年:1905-1909年

      原画サイズ:194×111cm

      所蔵:オーストリア工芸美術館

       

      本作も【接吻】と同様、クリムトがエミーリエと抱き合っている様子が描かれています。

      この作品の原作はクリムトが1909年に描いた【生命の樹】という作品です。

      【生命の樹】の一部にフォーカスをし、切り取って描かれた作品です。

       

       

      クリムトの作品をよく見てみると、四角や三角や丸がよく登場しています。

      これは「四角が男性」「丸が女性」を表していると言われています。

       

       

      クリムトは本当にエミーリエを尊敬していたそうです。

      エミーリエもクリムトの全てを受け入れ、お互いに尊敬しあっていたと言われています。

      お互いの考え方が一致しており、感性が似ていたようですね。

      好きという気持ちもあったようですが、それよりも尊敬の念が大きく、

      そのために結婚ということを選ばず、27年間もの間ずっと恋人でいたのかもしれません。

       

      そんな愛がつまったエミーリエをモデルにした肖像画は、クリムトにとって特別だったと思います。

       

       

      ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

       

      あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

      アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp

      楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717

      Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717

      Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

       

      ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

       

      JUGEMテーマ:絵画


      マウリッツハイス美術館のパンフレットを大公開!

      0

        絵画ファンの皆さま、こんにちは!

         

        今日お届けしたいテーマは、昨日に引き続きオランダの美術館のレポートです。

         

        ※昨日の記事はコチラから→アムステルダム国立美術館でもらえるパンフレットご紹介!

        http://blog.meiga.shop-pro.jp/?eid=323

         

        私の実母がオランダに旅行に行き、美術館巡りをしてきたので、

        そのレポートをお届けしたいと思います。

         

        昨日はアムステルダム国立美術館に関してお届けしましたが、

        今日はマウリッツハイス美術館に関してのレポートです。

         

        いずれもオランダを代表する美術館。

        マウリッツハイス美術館はオランダのデン・ハーグに位置しています。

        本当に名作ばかりが所蔵されています。

        見所がいっぱいの美術館です。

         

        それではパンフレットを早速大公開していきますね!

         

        フェルメール パンフレット.JPG

        これが「Plattegrond Map」と書かれていますが、フロアマップですね。

         

        表にはフェルメール【真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)】が載っています。

        やはりマウリッツハイス美術館を代表する作品はこの作品なんでしょうね。

         

        真珠の耳飾りの少女

        フェルメール真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)】 
        制作年:1665年 

        原画サイズ:46.5×40cm
        所蔵:マウリッツハイス美術館

         

         

         

        フェルメール マウリッツハイス.JPG

        4つ折りのパンフレットを開くと、中はこんな感じです。

        簡単なフロアマップが書かれています。

         

         

        上のパンフレットに載っている作品をご紹介しますね。

         

        レンブラント【自画像】

        レンブラント自画像
        所蔵:マウリッツハイス美術館

         

        1606年オランダ生まれ、17世紀のオランダ絵画黄金期に活躍した

        最大の巨匠レンブラント・ファン・レイン

        レンブラントは生涯において50〜60枚もの自画像を描いています。

         

         

         

         

        テュルプ博士の解剖学講義

        レンブラントテュルプ博士の解剖学講義
        所蔵:マウリッツハイス美術館

         

        本作もレンブラントの作品です。

        外科医ギルドから依頼され、1632年に行われたアムステルダム外科組合

        主任解剖官ニコラス・トゥルプ博士の公開解剖学講義を描いたもの。

         

         

         

         

         

         

        老婆と少年

        ルーベンス老婆と少年
        所蔵:マウリッツハイス美術館

        1577年生まれバロック絵画最大の巨匠ピーテル・パウル・ルーベンス
        この作品はルーベンスがローソクを持つ老婆と少年を描いた作品です。
         

         

         

         

        そしてそして、、、レンブラント作品だけの冊子もあります!

         

        レンブラント パンフレット マウリッツハイス.JPG

        中身はルーベンス作品の紹介です。

        ルーベンスの作品だけをピックアップして紹介しています。

         

         

         

        レンブラントパンフレット.JPG

        そのページ数、見てわかるでしょうか?

        かなりのページ数なんです。

         

         

        レンブラントパンフレット マウリッツハイス美術館.JPG

        中を開くと、こんな感じで作品画像と作品説明が書かれています。

        このページは上で紹介した【テュルプ博士の解剖学講義】ですね。

         

         

        冊子の後ろの方にはその他の画家の説明も少しはありますが、

        ほとんどがレンブラントの紹介です。

         

        マウリッツハイス美術館の所蔵作品の中で、レンブラント作品は多くを占めているのでしょうね。

         

        いかがでしたでしょうか?

        少しはマウリッツハイス美術館の様子を感じ取って頂けたかと思います。

        実際に行ってみると、その場の雰囲気も相まってより一層素晴らしい絵画作品に会えると思います。

        オランダは遠いですが、思い切って行ってみるのも良いですよね。

         

         

         

         

        ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

         

        あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

        アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp

        楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717

        Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717

        Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

         

        ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

         

        JUGEMテーマ:絵画


        アムステルダム国立美術館でもらえるパンフレットご紹介!

        0

          絵画ファンの皆さま、こんにちは!

           

          今日はオランダへ旅行に行ってきた実母から聞いた美術館レポをお届けしたいと思います。

           

          オランダといえば、アムステルダム国立美術館、マウリッツハイス美術館、ゴッホ美術館

          と有名な絵画を所蔵している美術館がたくさんあります。

           

          実母はオランダで美術館賞をしてきたということで、

          無料でもらえるパンフレットをお土産に持って帰ってきてくれました。

          そのパンフレットが豪華なんです!

           

          今日はまずアムステルダム国立美術館のパンフレットからご紹介したいと思います。

           

           

          アムステルダム国立美術館.JPG

          まずはメインのフロアガイド!

           

          じゃばら状になっていて、年代順に所蔵作品が掲載されています。

           

           

          アムステルダム国立美術館パンフ.JPG

          じゃばら状の裏側には、所蔵作品の画像が一挙紹介されています。

          これだけでも飾っておけるくらい豪華!!!

           

          パッと見ただけでも有名作品が見て取れますよね。

           

           

           

          アムステルダム国立美術館パンフレット.JPG

          細かくて見づらいかと思いますが、じゃばらも表側には各フロアにどのような

          作品が所蔵されているかのマップが掲載されています。

          年代順に展示作品が分かれています。

           

           

           

           

          アムステルダム国立美術館に所蔵されている作品と言えば・・・

          まず思い浮かぶのがフェルメール【牛乳を注ぐ女】ではないでしょうか。

           

          牛乳を注ぐ女

          フェルメール牛乳を注ぐ女】 

          制作年:1658年 

          原画サイズ:45.5×41cm
          所蔵:アムステルダム国立美術館

          1632年オランダ生まれのヨハネス・フェルメール

          17世紀に活躍した風俗画家だが、作品数がきわめて少なく、生涯作品数は37点前後といわれています。

          この作品は、女性が牛乳を注ぎ込むという、日常風景の一場面を描いた作品です。

          ※実母が実際に撮った写真です

           

           

          その他にもパンフレットに掲載されいる作品をピックアップしてご紹介します。

          自画像 ゴッホ

          ゴッホ自画像
          制作年:1887年 
          所蔵:アムステルダム国立美術館

          ゴッホは生涯において自画像をたくさん描き残しています。
          こちらはその中でも有名な作品で、アムステルダム国立美術館所蔵作品です。
          ※実母が実際に撮った写真です

           

           

          自画像 レンブラント

          レンブラント自画像
          所蔵:アムステルダム国立美術館


          1606年オランダ生まれ、17世紀のオランダ絵画黄金期に活躍した

          最大の巨匠レンブラント・ファン・レイン

          レンブラントは生涯において50〜60枚もの自画像を描いています。

           

           

          レンブラント 夜警

          レンブラント夜警
          所蔵:アムステルダム国立美術館

          制作年:1642年

          原画サイズ;437x363cm

           

          この作品もレンブラントの作品です。

          フランス・バニング・コックを隊長とする市警備団の中隊を描いた作品。

           

           

          ユダヤの花嫁

          レンブラントユダヤの花嫁イサクとリベカ)】
          原画サイズ:121.5×166.5cm 
          制作年:1660年代
          所蔵:アムステルダム国立美術館

           

          この作品はレンブラント晩年期に描かれたものですが「ユダヤの花嫁」という

          誤ったタイトルでずっと認識されていた。

          現在の認識としては旧約聖書に記されているイサクとリベカを題材として描かれた

          作品「イサクとリベカ」というのが正しいとされています。

           

           

           

          デルフトの小道 フェルメール

          フェルメールデルフトの小道】 

          制作年:1657-58年 

          原画サイズ:53.5×43.5cm
          所蔵:アムステルダム国立美術館

          1632年オランダ生まれのヨハネス・フェルメール

          本作はフェルメールが珍しく風景画を描いた作品です。

          作品は、デルフトの町の一角を描いたもの。

           

           

           

           

          いかがでしたでしょうか?

           

          ざっとご紹介しただけでも有名作品ばかり展示されていますよね。

          やはりオランダの美術館だけあって、オランダ出身の画家の作品が多く所蔵されています。

           

          現地に行ってその場の雰囲気の中で絵画鑑賞をすると、一際素晴らしく見えますよね。

          ぜひ私も一度は行ってみたいなと思う美術館です。

           

           

           

          ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

           

          あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

          アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp

          楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717

          Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717

          Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

           

          ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

           

          JUGEMテーマ:絵画


          父の日に贈りたい作品

          0

            絵画ファンの皆さま、こんにちは!

             

            今日のテーマは「父の日に贈りたい絵画作品」です。

             

            母の日と比べて忘れられがちな「父の日」。

            父の日の存在感って薄いなと、残念に思います。

             

            母の日が終われば世間も次は父の日だ!とはなりにくい風潮。

            どうにか母の日も父の日も同じくらいの存在感になって欲しいと願います。

             

            ところで今年2019年は6月16日が「父の日」です。

            あとちょうど1ヶ月ほど。

            まだこれから準備が出来ますよね。

             

            お父さんに何をあげようかなと思い悩んでいらっしゃる方は、一度絵画(油絵)のプレゼントもお考え下さい。

            今日は父の日に人気の作品をピックアップしてご紹介したいと思います。

             

             

             

            タンギー爺さん

            ゴッホタンギー爺さん】 
            制作年:1887年 
            原画サイズ:92x75cm
            所蔵:ロダン美術館

            1853年オランダ生まれのフィンセント・ファン・ゴッホ
            この作品はゴッホの友人である画材屋のタンギー爺さんを描いた肖像画。
            背景に影響を受けた「浮世絵」が描かれているのも特徴。
            タンギー爺さんを描いた作品は、同じ構図でこの作品以外にもう1作品あります。

             

             

             

             

             

             

            ナポレオン

            ダヴィッドサン・ベルナール峠のナポレオン
            (別名:ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト)
            制作年:1801年
            所蔵:マルメゾン城(リュエイユ=マルメゾン)
            原画サイズ:261cm×221cm

            1748年生まれ、新古典主義を代表する画家、ジャック=ルイ・ダヴィット。

            画家ダヴィッドの名前を知らなくとも「ナポレオン」を描いた画家だと言えば

            分かる人も多いのではないでしょうか。

            本作はナポレオンが1800年5月にグラン・サン・ベルナール峠経由で

            アルプスを越えようとする姿を理想化した様子を描いた作品です。

            ダヴィッドは本テーマで5枚の作品を描き残していますが、本作はマルメゾン城所蔵作品です。

             

             

             

             

             

            青いドレスの女

            コロー青いドレスの女
            制作年:1874年 
            原画サイズ:80×50.5cm
            所蔵:ルーヴル美術館

            1796年、フランス生まれのバルビゾン派の画家コロー。
            この作品は、コローが亡くなる前年に描かれた作品です。
            群青色のドレスが心を落ち着かせてくれるような作品です。

             

             

             

             

             

            大運河、ヴェネチア

            ターナー大運河、ヴェネチア

            制作年:1835年 

            原画サイズ:122.2 x 91.4cm
            所蔵:メトロポリタン美術館

            1775年イギリス、ロンドン生まれのジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー

            ターナーは海の風景を数多く描き残した海洋画家です。

            ターナーにとって海を描くということは、ただ客観的に自然風景を描いているのではなく

            海の一瞬の表情を逃さず荒れ狂う恐ろしい海や、時に穏やかな、そして悲しい表情の海、

            様々な瞬間を捉えた力のこもった作品を描いています。

             

             

            庭のウジェーヌ・マネと娘

            モリゾ庭のウジェーヌ・マネと娘
            制作年:1883年
            原画サイズ:60×73cm
            所蔵;個人所蔵

             

            印象派の女流画家ベルト・モリゾ。モリゾは数少ない女性画家で19世紀を代表する印象派の画家です。

            この作品は、モリゾの夫ウジェーヌ・マネとその娘ジュリーが別荘の庭で遊ぶ姿を描いたものです。

            お父さんと娘が仲良くしている姿は、父の日にぴったりの作品ですね。

             

             

             

            いかがでしたでしょうか!?

            まだまだ父の日にオススメの作品はあります。

             

            お父さんのことを考えて、どんな作品が喜ぶかなと考えているだけで

            実は親孝行なのかもしれませんね。

             

            ちなみにですが、私はフラゴナール【読書をする娘】を数年前に父にプレゼントしました。

            実家に飾ってくれていますよ!

             

             

            読書をする娘

            フラゴナール読書する娘
            制作年:1770-1772年 

            原画サイズ(82×65cm) 
            所蔵:ワシントン・ナショナル・ギャラリー・オブ・アート 

            1732年フランス生まれ、18世紀フランスに始まったロココ美術における

            様式後期を代表するジャン・オノレ・フラゴナール。

            この作品に描かれているモデルは不明であるが、一部ではフラゴナールは

            身近な人間をモデルにするため、義理の妹のマグリットではないかと言われています。

             

             

            父の日 母の日

             

             

            ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

             

            あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

            アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp

            楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717

            Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717

            Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

             

            ☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

            JUGEMテーマ:絵画


            | 1/66PAGES | >>

            最新記事

            カテゴリー

            アーカイブ

            アート名画館

            絵画(油絵複製画)販売の「アート名画館」 ゴッホ・モネ・フェルメール・ダヴィンチ・ルノアール(ルノワール)・セザンヌ・クリムト等の名画を通信販売

            お問い合わせ

            お問い合わせはコチラから
            お問い合わせはコチラから

            会社概要

            合同会社Legare絵画油絵複製画販売
            【アート名画館 】
            543-0044
            大阪市天王寺区国分町8-13
            天王寺エムズビル1階
            080-4492-2244(平日9時から15時)
            アート名画館本店
            アート名画館(本店)

            絵画販売アート名画館(楽天店)
            絵画販売アート名画館(楽天店)

            絵画販売アート名画館(ヤフー店)
            絵画販売アート名画館(Yahoo店)

            アート名画館のFacebook
            アート名画館Facebook


            お問い合わせ  

            【アート名画館】リンク

            アート名画館とは

            このサイトでの検索

            その他

            モバイルコード

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM